【訃報】田園調布署の男性警部補2人が同じトイレで拳銃自殺した事件、パワハラを受けた同じ上司の名前を書き残す。警視庁「パワハラなかった」→揉消しに批判殺到!

田園調布署の警部補2名がトイレで拳銃自殺

同じ上司の名前を書き残し、無念の死を遂げる・・・

警視庁田園調布署(東京都大田区)で昨年10月と今年2月、地域課の警察官が署内で拳銃自殺をした問題で、2人の書き置きに同じ上司の名が記されていたことが捜査関係者への取材で分かった。

同庁は調査の結果、いずれもパワハラはなかったと判断したが、管理職として問題があったとして上司を訓戒処分とした。上司は6月に辞職した。

続きを読む

関連記事