【感動の映画】こんなに号泣した映画は他にない!あなたはこの結末、どう思う?

数年前の映画ではありますが・・・・・・

私が今までに見た映画の中で、最も泣いた感動の物語です。

映画「くちづけ」

この映画、もとはある劇団の舞台なんです。

その劇団「東京セレソンデラックス」は今はもうありませんが、主催の宅間孝行は新たなユニット「タクマフェスティバルジャパン」を旗揚げし、キャストを変えて2度再演を果たしています。

実はこの映画も、監督が舞台を見て感動し、是非映画化を、というわけで叶ったもの。

知的障害を持つ人たちが集まって暮らすグループホームを舞台にした、滑稽ながらも悲しい物語。

ヒロインのマコちゃん役、貫地谷しほりの演技はもう文句の付けようのない完璧さ。

相手役、うーやんの宅間孝行もコミカルでパワフルな役柄を見事に演じきっています。

中でも圧巻なのが、マコちゃんのお父さん役の竹中直人。

はっきり言って鬼気迫る怪演です!

他にも田畑智子、平田満など名バイプレーヤーが脇を固めています。

こうした上手い役者陣が揃ったこともあり、映画のストーリーがキラキラと輝いています。

 

 

彼らは何も悪くないのに・・・・・・なぜこんなラストが訪れてしまうのか?

ネタバレになるためここでは多くは語りませんが、そのラストは本当に号泣です!

まずは映画「くちづけ」の予告編をご覧ください。

 

引用:https://youtu.be/LoBkAi0m4tI

 

DVD、ブルーレイにて絶賛発売中ですので、是非ともご覧いただきたい1本です。

レンタルでも観られると思いますので、お近くのレンタルショップで探してみては?

でも、繰り返し観たくなること請け合いなので、ご自身でお求めになっても良いかも?

ちなみに私はブルーレイディスクを購入しました。

もう10回以上観てます(笑)

おすすめの感動映画、でした。

関連記事