【感動動画】生まれたばかりの双子の赤ちゃんに何が起きたのか?

今回はちょっと感動の動画をご紹介します。

生まれたばかりの赤ちゃん。

産湯に浸かり気持ちよさそうですが、このふたり、ずっと抱き合っています。

まるでまだ自分たちがお母さんのお腹の中にいるかのように・・・・・・

なぜ抱き合うのでしょう?

まあ理由なんてどうでも良いんですが、なんともほほえましい拘泥ですね。

世界中どこの国の赤ちゃんも、生まれたときには邪気のない、本当に可愛い姿をしています。

それが成長して行くにつれて、さまざまな経験をし、さまざまな知識を得て、ひとりの人間として人格が形成されていきます。

生まれたての赤ちゃんは誰でも、何ものにも染まっていない本当の意味での純真無垢な存在です。

だからこそ、親は子供を育てるときには大きな責任があるんですね。

その子を何色に染めていくのも親次第。

こんなに愛くるしい存在なのだから、愛情をいっぱい注いで育ててほしいものですね。

 

 

私も息子が今年から社会人になりました。

息子が妻のお腹に授かったと知ったときの喜びは、いまでも鮮明に覚えています。

生まれるまでは「とにかく無事に元気に生まれてくれればそれだけでいい」と、それだけを思っていました。

そして元気な男の子が生まれました。息子です。

息子が成長する過程では、夜中にひきつけを起こして救急車で病院に行ったこともありました。

家の階段から転げ落ちたこともありました。

小学校の時にはクラスの女の子に怪我をさせたこともありました。

中学の時には音楽の先生に半分イジメとも思える仕打ちを受けたこともありました。

そして昨年は、周りのみんなが就職が決まっても、息子だけ何社受けても決まらずヤキモキしました。

親にとって、いくつになっても子供は可愛いし心配の種なんです。

なぜなら、生まれたときの純真無垢な姿を見ているから。

意識する/しないにかかわらず、親は子供を育てる責任を負います。

こんなに素晴らしい存在だから、この素晴らしさを壊さないよう育てていきたいものですね!

引用:https://youtu.be/sf4uas8BO_4

関連記事