【人命より権威と法律】余命半年宣告を受けた末期がん患者から医療用薬物を奪った警察。無駄に裁判を長引かせて患者の命を奪った検察の対応に非難殺到...

【人命より権威と法律】余命半年宣告を受けた末期がん患者から医療用薬物を奪った警察。無駄に裁判を長引かせて患者の命を奪った検察の対応に非難殺到!

余命半年と宣告された末期がん患者、山本正光氏。

山本氏は、大麻を服用した罪で警察に逮捕され、命が尽きるまで裁判で検察と闘った。

 

医者には
「もう打つ手がない」
とまで宣告されていた山本氏。

【人命よりも法律優先】余命半年宣告を受けた末期がん患者から医療用薬物を奪った警察。無駄に裁判を長引かせて患者の命を奪った検察の対応に非難殺到!

 

 
「全ての医師から見放された中、大麻ががんに効果がある可能性を知った。
大麻を入手することはできないため、治療のために自ら栽培し使用した。そしたら症状が劇的に改善したんだ。

 

 

 

山本氏は大麻を医療用として使用し、
その結果、癌腫瘍マーカーも、20分の1まで減少していた。

回復途上にあった矢先、警察に逮捕されてしまったのだ。

 

 

大麻は自分の癌の治療にしか使用していない。

勿論、第三者へ販売・譲渡もしていない。

この場合の大麻の使用は、憲法で保障された生存権の行使だ!」

 

 

と無罪を主張。

 

医療用大麻の使用を認めて欲しい

そう訴えたのは、平成25年6月に肝臓がんが見つかり、

同年10月には「余命半年~一年」と宣告された、

元シェフの山本正光氏(58)。

【驚愕行動の真相】末期癌の娘を持つ父親が、娘に大麻を強制服用させ逮捕された!父親の信じられないような行動にはある理由が!その後娘は・・・

平成27年12月2日。
横浜から東京に買い物にきていた山本氏は、
路上で警官に職務質問され、大麻所持(数グラム)で逮捕された。

その後、自宅から栽培中の三本(200gあまり)も押収された。

山本氏は末期肝臓がんと診断された癌患者(ステージ4b 肺、リンパに転移。肝硬変)。

抗癌剤は副作用が辛く、腫瘍マーカーもよくならないので、医師に相談のうえ中止。
何よりも、職を失った山本氏にとって、金銭面の負担が重くのしかかっていた。

大麻を摂取したところ、何ヶ月か後には、
主要マーカーの値が20分の1に下がったという(診断書あり)。

主治医によれば、
「肝細胞が再生し始めたのではないか?」
と思われるような数値が出ているという(診断書あり)。

 

山本氏には、他に効果のある治療法はないことを医師も認めており、
拘留中に体調が悪化し、警察病院に運ばれたときも、
末期患者を入院させてくれる病院はなかったという。

 

山本氏は大麻を喫煙してから肉体的にラクになり、
精神的にもそれまでの自殺願望が消え、
前向きに考えられるようになったそうだ。

続きを読む

関連記事