お祝いムードが一変!若手のホープであの女性ジョッキー藤田菜七子騎手の兄弟子でもある丸山元気騎手が「祝福」のせいで30日間の騎乗停止!?そこか...

丸山騎手といえば、なんといってもあの藤田菜七子騎手の兄弟子。

お祝いムードが一変!若手のホープであの女性ジョッキー藤田菜七子騎手の兄弟子でもある丸山元気騎手が「祝福」のせいで30日間の騎乗停止!?そこから見えたあきれた競馬界の“裏側”とは!

仲もかなりよさそうです。

 

かわいい後輩たちにも囲まれ、今年は重賞制覇も果たし、充実の一途をたどる丸山騎手ですが、自業自得の悲劇が訪れます…。

 

携帯電話の使用を“制限”されている調整ルーム内において、厩務員へメールを送信。お祝いムードが一転、30日間の騎乗停止という重たい処分を下されました。

調整ルーム内でメールを送信してしまう側もダメですが、そのルールを同じく順守すべき厩務員も、咎めるどころかTwitterにアップしてしまうのですから、浅はかすぎます。

もしかすると、Twitterにアップしなければ、バレずにすんだかもしれませんね(笑)

なんともお粗末な理由で騎乗停止になってしまった丸山騎手ですが、実は今回の件と同じ理由で処分を受けた中には、競馬ファンならだれもが知っているあの名ジョッキーも食らっているんですよ!

 

実はあの名ジョッキーも同じ過ちを!

2015年の3月にはあのC.ルメール騎手もデビュー直前に調整ルーム内において携帯電話でTwitterをしてしまい、同じ処分を下されています。

同タイミングでデビューしたM.デムーロ騎手は重賞勝利も挙げた訳ですから明暗くっきりともいえる事件でした。

いくら件数が少ないとはいえ、これだけ重たい処分を下すのならば、そもそも“持ち込み禁止”にするべきじゃないと思いませんか?

他の公営ギャンブルはそういった措置をとっているものも多い中で、中央競馬が何故そうしなかったのか?

その驚きの理由とは!

 

次ページへ続きます

関連記事