【慶応大広告学研究会の実態】ミスコン中止の本当の理由は集団暴行!女子アナへの登竜門を突破するために余儀なくされてきた枕の実態がヤバすぎる!

女子アナの登竜門とされてきた「ミス慶応コンテスト」が中止された真相が男子学生6名による18歳女子大生への集団暴行だった事が発覚!逮捕者出てもおかしくない様相となってきた。

「ミス慶應」といえば、これまで中野美奈子(元フジ)、青木裕子(元TBS)、竹内由恵(テレ朝)、鈴江奈々(日テレ)など、多くの女子アナを輩出したことで知られ、“女子アナの登竜門”とも称されている。

【慶応大広告研究会の実態】ミスコン中止の本当の理由は集団暴行!女子アナへの登竜門を突破するために余儀なくされてきた枕の実態がヤバすぎる!

「ミス慶応コンテスト」中止に 学生団体に解散命令

慶応大学生による女子学生集団強姦事件で、慶應義塾広報室に電凸

 

慶応大が発表した中止の理由

〈当該団体は平成二十八年九月二日、活動の一環で滞在していた宿泊先にて懇親会を催し、複数の未成年者が飲酒に及びました。その場において、互いを指名して飲酒するよう囃し立てる、或いはゲームの勝敗により酒を呷る等の危険な行為があったことが確認されています〉

しかし、慶応大は本当の理由を隠したかった。

真相は18歳女子大生に対する複数の男子学生による「集団強姦」だったのだ!!

 

「ミス慶應」を企画・運営する慶應義塾大学の公認学生団体「広告学研究会」(以下・広研)が、大学から解散命令を受けたのは十月四日のこと。

大正十三年に設立された広告学研究会。現在は「ミス慶應コンテスト」「学生キャンプストア」「機関紙発行」の三部門で構成されている。

こちらが広告学研究会の集合写真だ。
正直、どう見てもチンピラの集団にしか見えない・・・

【慶応大広告研究会の実態】ミスコン中止の本当の理由は集団暴行!女子アナへの登竜門を突破するために余儀なくされてきた枕の実態がヤバすぎる!

そして、あの忌々しい事件発覚から約一ヶ月半が経った現在(11/20)、主犯格の犯人画像、個人名が次々と公になってきている。

主犯格の学生は、「宋」という名の商学部に在籍する人物で、在日らしい・・・

次ページ以降で、その詳細を明らかにしていきます。

次ページへ続きます

関連記事