【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥島沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに...

次世代の燃料電池や合金への利用が見込まれているレアアース。その一種の超稀少鉱物スカンジウムが日本で大量に発見された!!

発見された場所は、小笠原諸島の南鳥島沖。
その海底の泥に豊富に含まれているらしい。

【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥鳥沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥鳥沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

スカンジウムは銀色の軟らかい金属であり、空気中で酸化されて淡黄色もしくは淡桃色の酸化皮膜が生成する。また、常温でハロゲン元素とも反応する。

濃縮されたスカンジウム源としては、スカンジナビア半島やマダガスカル島で産出する希少鉱石のトルトバイタイトやユークセナイト、ガドリン石などが知られているのみである。

スカンジウムの世界年間需要の約9900倍もの大量資源だという。

これまで、レアアースに関しては中国やロシアの一部からしか採掘できておらず、日本はそこに頼らざるを得なかったが、この世紀の発見により、一躍世界のトップに躍り出ることになりそうだ。

ちなみに、現在の取引価格は1㎏グラム当たり540,000円だという。

そして、今回発見された推定資源量は、なんと・・・約150,000トン!!

この数値がどれだけの価値があるのか、ざっと計算してみましょう。

続きを読む

関連記事