【元花巻東・千葉翔太】カット打法で打率7割!出塁率8割を誇り甲子園を沸かせた「悲運のカットマン」の現在→日大でスタメン、明治神宮大会で煌く!

悲運のカットマン・千葉翔太君は皆さんの記憶に、まだ残っているだろうか?

2013年夏の甲子園。花巻東高校の2番バッターとして大活躍を果たした、たった157cmの千葉翔太選手。

この年、花巻東はベスト4で敗れ、千葉君にとっては非常に悔しい幕切れとなり、物議を醸したあの夏。

【元花巻東・千葉翔太】カット打法で打率7割!出塁率8割を誇り甲子園を沸かせた「悲運のカットマン」の現在→日大でスタメン、明治神宮大会で煌く!

準々決勝までは、何と10打数7安打で打率7割。出塁率は15打席12出塁で何と8割!

ツーストライクと追い込まれてからは、甘い球が来るまでひたすらファウルを打ち続け、そしてフォアボールを勝ち取る。それが花巻東・千葉翔太のスタイルだった。

現:楽天の安楽智大擁する、愛媛代表済美高校との3回戦では、内野に5人を配置した「千葉シフト」をものともせずに3安打をマーク。続く準々決勝の徳島代表・鳴門戦では相手エース41球も投げさせ、4四球と安打で5打席連続出塁をもぎ取り、花巻東高校の勝利に大きく貢献した千葉翔太。

彼の活躍は、体格で劣る球児たちに、上の世界で勝ち残るための大きなヒントと可能性を残してくれたと言っても良い。それほど、大きな印象を与える活躍ぶりだった。

続きを読む

関連記事