【日本古代史の謎】誰も語ろうとしなかった『古代出雲王国』の真実!古代出雲に君臨した覇王は誰だったのか・・・

謎解きのヒントは、出雲大社に祀られている『大国主命』(オオクニヌシ)の二人の妻!

本殿の西側に九州から迎えた「多紀理姫」(タキリヒメ)。
そして、東側には本妻の「須勢理姫」(スセリヒメ)が祀られています。

出雲大社

出雲大社の主祭神の『大国主命』を挟んで、東西に祀られている二人の妻が古代出雲に君臨した『覇王』の謎を解く“カギ”になるのです。

次のページで、二人の妻の出生の謎に迫ります。

次ページへ続きます

関連記事