【涙腺崩壊】152人を逮捕した警察犬ジャッジの最後。英雄ジャッジに捧げられた最大限の栄誉とは?

 

彼は最後まで英雄でした

 

ニュージャージー州ウェストデプトフォード。

 

アメリカ建国の地、フィラデルフィアにほど

近いこの街で、とても感動的な出来事があり

ました。

 

1匹のシェパード。

名前を「ジャッジ」といいます。

 

ご存じのように、シェパードという犬種は、

いったいどんな犬なのでしょうか?

 

力強い顎を持ちつつも従順であり、忠誠と服従の感情を表す。このためペットとして飼うことだけでなく、攻撃とリリース(噛み付くのをやめさせる)等の数々の命令をこなすことが可能となり、各分野での活動が行える。高い忠誠心を持つため、警察犬や軍用犬としては非常に優秀である。

 

 

なるほど。

ジャッジはまさに、シェパードという犬種の

持つ性質を兼ね備えた犬だったため、警察犬

になるために生まれてきたような犬だったと

言ってもいいでしょう。

 

2007年にウェストデプトフォードで警察犬と

して働き始めたジャッジは、その優秀な働き

に一目置かれる存在でした。

 

ジャッジは警察犬としての6年間に、なんと

152人もの逮捕に貢献しました。

中には何件もの銃や麻薬犯罪といった危険な

現場でも勇敢に職務を全うしました。

 

そんな彼でしたが、2013年にあることがきっ

かけで警察犬を引退します。

 

次ページへ続きます

関連記事