【超危険運転】自分勝手な運転に終始し後続車を確認もせずに車線変更したプリウスの末路

傍若無人な運転に終始するDQNプリウス

 

車の運転は、いくら自分が安全運転に気をつ

けていても100%防げる、というものではあ

りません。

 

止まっていても、向こうから突っ込んでくる

ことがありますので、こうなるともう、どう

しようもないですね。

 

100%事故を起こさない、事故に遭わないた

めには、車に乗らないことです(笑)

 

とはいうものの、車の便利さは一度味わって

しまうとなかなか手放せないのも事実。

もらい事故は「災難」に見舞われたと思い諦

めるしかありませんが、自分からは絶対に事

故を起こさない、という強い決意のもと運転

することが必要です。

 

さて、今回紹介するのは、新車の納車間もな

いドライバーさんが見舞われた映像です。

 

 

 

車は・・・・・・アバルト124スパイダーですね!

マツダのロードスターをベースにアバルトが

構築したピュアスポーツ2シーターですね。

 

ハンドルに付いているアバルトの象徴、サソ

リのエンブレムが格好良いです!

 

オープンにして軽快に走っています(笑)

 

・・・と、右側車線から1台のプリウスが追い抜

いて行きます。

 

 

まあ、都会の道路では良くある光景ではあり

ますが、問題はこのあと起こります。

 

次ページへ続きます

関連記事