【炎上】遊び感覚で痴漢えん罪を作り出すDQNなJKが辿った驚愕の末路とは?

満員電車の中で行われる痴漢行為。

到底許されることではありません。

当然のことながら、こうした罰当たりな社会

のゴミに対しては断固たる態度で臨む必要が

あります。

 

痴漢行為が明るみに出た場合、その人の失う

ものは計り知れないほど大きいといえます。

社会的地位は剥奪され、勤めている会社はク

ビになり、家族からは離婚を迫られるかもし

れません。

痴漢をしたことが近所に知れ渡れば、その地

域に住み続けることも難しくなるかもしれま

せん。

 

 

これほどまでに大きな代償を払ってまで、な

ぜ痴漢行為に走るのでしょうか?

理解できません。

 

痴漢行為の被害者の被る身体的・精神的ダメ

ージに比べれば、その代償も微々たるものだ

と言えますが、最近は痴漢行為などしていな

いにも関わらず、加害者に祭り上げられてし

まう「冤罪(えんざい)」も増えてきている

のも事実。

 

今回は、そんな冤罪を意図的に作り上げてい

るとんでもないJKと、痴漢冤罪の被害者のエ

ピソードを紹介します。

 

次ページへ続きます

関連記事